便の確保が難しいことも多い

夕焼けと飛行機

便の確保が難しいことも多い

高額な航空チケットが安くなることから、求める価値があるのが格安航空券です。それを提供するのがLCCになっていますが、便が少ないことで利用に困ることもあります。格安航空チケットを使おうとしている方にこそ、知ってほしいことです。

便がそれほど多くはない

フルサービスキャリアより便が少ないことから、困ることも多いです。ほとんどが往復をしていることから、1日1回の利用になります。フルサービスキャリアのように次から次へと運航をしているわけではありませんので、便の確保に手間取ってしまうこともあるでしょう。空港によっては主要な空港ではなく。その周囲の地方空港に降り立つことも多いですので、その点は十分確認しておかないといけません。
運行している本数に関しては格安になる弊害とも言える点では有りますので、仕方ないともいえます。

地域に密着している航空会社が多い

最近のLCCの特徴としてあげられるのが、地域に密着をしている点です。SFJ航空券は北九州空港、エアドゥは北海道といったように、地域に特化していることから、どこでも利用できるわけではないことを知っておきましょう。

もちろんその地域に住んでいる方にとっては、おすすめできる空港会社です。地域に密着していることで地元民であれば、航空チケットも安くなります。よってさらにお得な格安航空券を入手することができるでしょう。一方、地域外の方にはそれほど恩恵があるわけではなく、目的地までの便がないことで利用できないことも多いです。

どこでも使えるわけではない

このLCCに対して評判が高いことから、今度利用してみようと思っても、できないことも多いです。利用する為には運航している空港まで足を運ばないといけません。そうすることによって交通費が掛かることになり、せっかくの格安航空券のメリットが薄れることになるでしょう。このような弊害があることは、しっかり理解しておくことをおすすめします。

利用する空港と目的地から航空会社を決めよう

まずLCCを利用するときに大切なことは、利用する空港でどんな航空会社が運航をしているのかをチェックすることです。そこから目的地までの運行をしている便があることを確認してください。ここまでの作業をする必要があるのがLCCであり、いろんな便を用意しているフルサービスキャリアとの違いがあります。

フルサービスキャリアよりも便の数が少ないことは覚悟しておこう

便の問題だけではなく、運行時間も少ないことが多いです。よって安くなることで気になるのがLCCになるけれど利用できないこともありますので、運航の確認は必須となります。

  ← 前の記事: