いろんな航空会社がある

夕焼けと飛行機

いろんな航空会社がある

格安航空券と聞くと、真っ先に想像するのがLCCになるでしょう。JALやANAといったフルサービスキャリアと一線を画すために登場した格安航空チケットを提供する航空会社です。ただしそこから細分化することもできます。

いろんな航空会社が格安航空券を提供している

なにもLCCだけが格安航空チケットを提供しているわけではありません。フルサービスキャリアも提供していることから、すべての航空会社が格安で求めやすい航空チケットを提供していると言っても良いでしょう。だからこそいろんな視点から航空会社全体を見つめる必要があります。

普通運賃で安くなるのがLCC

いろんな格安になるためのシステムがあることから、その判断をするのが難しいのが格安航空チケットです。しかし普通運賃でみることで、その違いが明らかになります。フルサービスキャリアよりもLCCの方が明らかに普通運賃は安くなります。航空会社によって違いはありますが、20〜40%ほど安くなりますので、事前購入の割引を期待せずに普通運賃のまま乗る機会があれば、LCCを活用した方が良いことになるでしょう。

LCCのなかでも値段が異なる

LCCといってもここから細分化されることを忘れてはいけません。LCCのなかでも価格競争が起きていますので、そこを見落とすことがないようにしておきましょう。発足当時はLCCの枠組みであったのに、フルサービスキャリアと他の格安航空会社との差別化を図るために、LCCらしからぬサービスを行う会社もあります。不満だったサービス面に力を入れている航空会社もありますので、抵抗感がある方にはおすすめできる飛行機です。

フルサービスキャリアは早期割引が基本

水色のチケット
JAL航空券やANA航空券で格安にするのであれば、早期割引を行う必要があります。普通運賃では価格面においてLCCに勝つことができませんので、どうしてもフルサービスキャリアでなければいけないという方には、早期割引を使って格安航空チケットを入手してください。ただしキャンセルをすることによって、大きなペナルティーが発生しますので、そこは注意しましょう。ペナルティーなしで格安航空チケットを入手できるほど甘くはありません。

それぞれの特徴を掴んでおこう

いろんな航空会社があり、フルサービスキャリとLCCにわかれます。またLCCではさらに細分化されることから、それぞれに違いがありますので、それを掴んで自分の目的と合致した航空会社を利用してください。

  ← 前の記事: